羽生市観光協会 協会について


河田 晃明 羽生市観光協会
会長  河 田 晃 明
(羽生市長)

ごあいさつ


 「四里の道は長かった。その間に青縞の市の立つ羽生のまちがあった。」で始まる明治の文豪田山花袋の小説『田舎教師』。
 この小説の舞台となった羽生市は、埼玉県の北端に位置し豊な水と肥沃な大地によって古くから農業と藍染めのまちとして栄えてきました。
 都市化は進みましたが、市街地から少し足をのばせば、武蔵野の面影が今なお残り、豊かな田園風景や緑が広がってきます。
 市内には、全国でも珍しい淡水魚ばかりを集めた「さいたま水族館」があり、隣接する羽生水郷公園では、国の天然記念物に指定されている食虫植物「ムジナモ」の自生地があります。
 ムジナモは、根をもたない浮草で、7月から9月にかけ、まれに純白の小さな花を咲かせます。
 また、すぐ近くには三田ヶ谷農林公園「キヤッセ羽生」があります。「キヤッセ」とは、羽生地方の「いらっしゃい」という親しみのこもった挨拶で、園内には地場産の農産物や特産品の販売所、地ビール工房などがあり、休日などは多くの家族連れや買い物客で賑わいます。
 特に、おまんじゅうの外側を赤飯で包んだ「いがまんじゅう」は、農林水産省の郷土料理百選にも選ばれ、子どもからお年寄りまでたくさんの人に愛されています。
 しかし、市外から多くのお客様に来ていただくためには、まだまだ観光スポットが足りません。
 そのため新たな観光資源として“ゆるキャラRさみっとin羽生”を平成22年度から開催しております。
 毎回、たくさんのご当地キャラクターが集まり、多くの家族連れやカップルで賑わう、全国でも有数のイベントに成長しました。  羽生市は、関東平野のほぼ真ん中に位置し、都心から約一時間という利便性もあります。四季折々の自然があり、地場産野菜やいがまんじゅう、地ビールなどおいしいものも沢山あります。  最高のおもてなしでお迎えしますので、是非一度羽生市へお越しください。


羽生市観光協会規約


第1章 総則

(目的)
第1条 本会は羽生市観光事業の発展と普及に努め観光地の開発育成を促進して、その保護改善を図るとともに広く住民の文化厚生の向上に資しあわせて産業経済の進展に寄与することを目的とする。

(名称)
第2条 本会は羽生市観光協会と称する。

(地区)
第3条 本会の地区は設立の日における羽生市の区域とする。
2 本会の地区たる羽生市について境界変更または未所属地域の編入があったときは前項の規定にかかわらず、地区はその境界変更または未所属地域の編入後の区域とする。

(事務所の所在地)
第4条 本会は事務所を羽生市役所内に置く。

(原則)
第5条 本会は営利を目的としない。
2 本会は特定の個人または法人その他の団体の利益を目的としてその事業を行なわない。
3 本会はこれを特定の政党のために利用しない。

(規約)
第6条 この規約で定めるもののほか本会の業務の執行について必要な事項は総会の議決を経て規約で定める。

第2章 事業

(事業)
第7条 本会は第1条の目的を達成するために次に掲げる事業を行なう。
(1)観光に関する調査研究及び保存利用
(2)観光に関する紹介、宣伝及び観光客の誘致
(3)観光施設の整備と改善及びその指導
(4)観光産業の開発と利用及びその改善指導
(5)観光、観念の普及と昂揚及びその指導
(6)観光に関する行事の実施または育成
(7)観光資料の収集と刊行及び頒布
(8)観光事業関係機関団体との相互連絡
(9)観光事業の開発計画及び促進
(10)日本ご当地キャラクター協会の事業に関する協力
(11)その他本会の目的達成に必要な事業を行なう。

第3章 会員

(会員の資格)
第8条 本会の会員たる資格を有する者は、本会の地区内における観光に関係ある団体及び法人または個人と本会の趣旨に賛同する者をもって組織する。

(会員の種類)
第9条 本会の会員を分けて第1種会員、第2種会員及び賛助会員と名誉会員とする。
2 第1種会員は観光事業に関係のある団体並びに法人にして会費2口以上を納めるものとする。
3 第2種会員は本会の趣旨に賛同し、会費1口以上を納めるものとする。
4 賛助会員は本会の趣旨に賛同する団体並びに法人にして会費1口以上を納めるものとする。
5 名誉会員は本会に功労のあるものまたは学識経験者にあって会長の推薦したものとする。

第1種
観光事業に関係のある団体並びに法人
2口以上
第2種
観光協会の趣旨賛同する個人
1口以上
賛 助
観光協会の趣旨に賛同する団体並びに法人
1口以上

 

(加入)
第10条 本会の会員たる資格を有する者は総会の議決を得て別に定める加入手続により本会の承諾を得て本会に加入することができる。
2 前項の加入諾否は理事会において決定する。
3 理事会は前項の諾否を決定するときは正当な理由がないのにその加入を拒みまたはその加入に、不当な条件を附してはならない。

(会費)
第11条 会員は毎事業年度所定の納期までに会費を納入しなければならない。
2 本会の会費は口数制として1口の金額は年額1,000円とする。
3 会員は会費1口年額1,000円以上を納めなければならない。ただし、名誉会員は会費を徴収しない。
4 前項の会費の金額ならびにその払込みの方法は総会の議決を得て別に定める。

(会員の脱退)
第12条 本会の会員は次の場合はその資格を失う。
(1)会員から書面によって退会の申し出があったときはその事業年度の終りにおいて会員の資格を失なう。
(2)会員が死亡したとき。
(3)会員である法人並びに団体が解散したとき。
(4)除名されたとき。

(除名)
第13条 会員で本会の名誉を傷つけまたは趣旨目的に反する行為があったときは理事会の決議を経て除名することができる。

第4章 役員顧問相談役及び職員

(役員)
第14条 本会に次の役員を置く。
(1)会  長   1名
(2)会長代理   1名
(3)副会長    4名以内
(4)理  事   20名以内
(5)監  事   2名

(役員の職務)
第15条 会長は本会を代表し、会務を総括し総会の議長となる。
2 会長代理は会長を補佐し会長が事故あるときはその職務を代理する。
3 副会長は会長及び会長代理を補佐し会長及び会長代理ともに事故あるときはその職務を代理する。
4 理事は会長及び会長代理及び副会長を補佐して会務を処理し、会長及び会長代理及び副会長事故あるときはその職務を代行する。
5 監事は本会の業務及び会計の状況を監査しその監査の結果を総会に報告する。

(役員任免) 
第16条 役員は総会において選任しまた解任する。

(役員の任期)
第17条 役員の任期は2年とする。
2 役員は再任されることができる。

(役員の報酬)
第18条 役員は報酬を受けない、ただし旅費、その他業務の遂行に伴う実費についてはこの限りではない。
2 常勤役員については前項の規定にかかわらず総会の議決により報酬を支給すること ができる。

(顧問および相談役)
第19条 本会に顧問および相談役を置くことができる。
2 顧問および相談役は学識経験のある者のうちから理事会の決議を経て会長が委嘱する。

(職員)
第20条 本会に職員を置くことができる。
2 職員は会長が任免する。
3 職員は会長及び会長の職務を代理する会長代理及び副会長または理事の命を受け本会の事務を処理する。

第5章 総会および理事会

(総会の招集)
第21条 総会は通常総会および臨時総会の2種とし会長が招集する。
2 通常総会は毎年6月臨時総会は会長が必要と認めたとき開催する。
3 前項臨時総会を招集する場合は理事会の同意を得なければならない。
4 会員の3分の1以上から会議に附議すべき事項を示して請求があったときは会長は臨時総会を招集しなければならない。

(総会の議決事項)
第22条 この規約で定めるもののほか次の事項は総会の議決を経なければならない。
(1)規約の変更
(2)規約の設定変更または廃止
(3)事業計画および収支予算の決定または変更

(総会の議事等)
第23条 総会は会員の2分の1以上の出席がなければ議事を開き議決することができない。ただし、会長が出席を催告してもなお過半数に達しないときはこの限りではない。
2 総会の議事は出席者の過半数でこれを決し可否同数のときは議長の決するところによる。

(理事会)
第24条 本会に理事会を置く。
2 理事会は会長、会長代理、副会長および理事会員をもって組織する。
3 理事会は会長が招集する。
4 理事会の議長は会長をもってあてる。
5 会長に事故あるときまたは欠員のときは会長の職務を代理しまたは代行する者が議長となる。

(理事会の議決事項)
第25条 この規約で別に定めるもののほか次の事項は理事会の議決を経なければならない。
(1)総会に附すべき事項
(2)その他本会の業務の執行に関し重要な事項

第6章 会計

(事業年度)
第26条 本会の事業年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終るものとする。

(収入)
第27条 本会の経費は会費、補助金、特別負担金、寄附金その他の収入をもってあてる。

附 則

(実施の時期)
1 この規約は本会成立の日昭和45年6月27日から同年5月1日にさかのぼり実施する。